「トリガーポイントによる体幹上部と上肢の痛み


トリガーポイント=TP C=頸椎 T=胸椎

 

図の✖印はTPの位置を示し、紫は関連痛の放散部を示す。

 

「三角筋トリガーポイント」

三角筋トリガーポイントによる肩の痛み

三角筋はTPを発生させる頻度の高い筋肉の一つです。

 

「三角筋前部TP」

痛みは、肩前部から外側部に現れ、しばしば上腕にまで放散する。

 

「三角筋後部TP」

痛みは、肩後部から外側部に現れ、しばしば上腕にまで放散する(図1参照)。

 

起始:三角筋前部は鎖骨外側部1/3、中部は肩峰、後部は肩甲棘の外側部

 

停止:上腕骨外側中間付近の三角筋粗面

 

神経支配:腋窩神経(C5~C7)

 

 

 

 

 

 

 

 

「烏口腕筋トリガーポイント」

烏口腕筋トリガーポイントによる肩と上肢の痛み

烏口腕筋TPからの痛みは、三角筋前部、上腕後部、前腕後部、手背に断続的に現れ、肘と手首には痛みが起こらない。

 

時に中指先端まで痛みが広がる事が有る(図2参照)。

 

*烏口腕筋TPにより筋皮神経の絞扼性神経障害を起こす事がある。

 

起始:肩甲骨の烏口突起先端

停止:上腕骨中部の前内側

 

神経支配:筋皮神経(C5~C7)

 

「上腕二頭筋トリガーポイント」

上腕二頭筋トリガーポイントによる肩と上腕の痛み

上腕二頭筋TPからの痛みは、肩前部の浅層に現れる。

 

痛みは肩甲骨上部や肘部前面に広がる事がある(図3参照)。

 

起始:長頭は肩甲骨の関節上結節、短頭は肩甲骨の烏口突起先端

停止:橈骨粗面、上腕二頭筋腱膜を介して前腕筋膜

 

神経支配:筋皮神経(C5、C6)

 

「上腕筋トリガーポイント」

上腕筋トリガーポイントによる親指と上腕の痛み

上腕筋TPからの痛みは、親指の付け根に強く現れる。

 

「上腕筋遠位TP」

発生頻度が高く、肘前部の2~3cm上に現れる。

痛みは、肘前部に広がる。

 

「上腕筋近位TP」

痛みは、上方へ広がり肩前面に達する(図4参照)。

 

起始:上腕骨前面の下2/3、内側・外側筋間中隔

停止:尺骨粗面

 

神経支配:筋皮神経(C5~C6)

 

 

「上腕三頭筋と肘筋トリガーポイント」

「上腕三頭筋と肘筋の神経支配

 

橈骨神経(C6~C8)

上腕三頭筋トリガーポイントによる肩と上肢の痛み

「上腕三頭筋長頭TP」

痛みは、上腕後側から肩後部に現れる。

 

放散痛は、肩から首の付け根まで広がる事もある。

 

また肘を飛び越え、前腕後側に放散する事もある。

 

*上腕三頭筋長頭TPや大円筋TPにより三頭筋裂孔(大円筋、上腕三頭筋長頭、上腕骨の間に形成されるトンネル)で橈骨神経が絞扼される事がある(橈骨神経高位麻痺と低位麻痺の図2参照)。

 

また、小円筋TP、大円筋TP、上腕三頭筋長頭TPにより、四辺形間隙(小円筋、大円筋、上腕三頭筋長頭の間で形成されるトンネル)で腋窩神経が絞扼される事が有る(四辺形間隙症候群の図2参照)。

 

「上腕三頭筋長頭」

起始:肩甲骨の関節下結節

停止:尺骨の肘頭

 

上腕三頭筋トリガーポイントによる肘の痛み

 

「上腕三頭筋内側頭(遠位外側縁)TP」

痛みと圧痛は、上腕骨外側上顆部に現れ、テニス肘の原因となる。

 

痛みは、前腕橈側面にも放散する事もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

上腕三頭筋トリガーポイントによる肘の痛み

 

「上腕三頭筋内側頭(遠位内側縁)TP」

痛みと圧痛は、上腕骨内側上顆に現れる。

 

放散痛は、前腕内側縁に現れ、小指と薬指にも広がる事が有る。

 

 

 

 

 

 

 

  

上腕三頭筋トリガーポイントによる肘の痛み

 

「上腕三頭筋内側頭(肘頭上部)」

痛みと圧痛は、下方の肘頭部に現れる。

 

「上腕三頭筋内側頭」

起始:上腕骨後面(橈骨神経溝より内側)

停止:尺骨の肘頭

 

 

 

 

 

 

  

上腕三頭筋トリガーポイントによる痛み

 

「上腕三頭筋外側頭(中央外側縁)」

痛みは、上腕後面全体に現れる。

 

放散痛は、前腕後面に現れ、小指や薬指にも広がる事が有る。

 

*上腕三頭筋外側頭TPにより橈骨神経が絞扼される事がある(橈骨神経高位麻痺と低位麻痺の図2参照)。

 

「上腕三頭筋外側頭」

起始:上腕骨後面(橈骨神経溝より外側)

停止:尺骨の肘頭

 

肘筋トリガーポイントによる肘の痛み

 

「肘筋TP」

痛みと圧痛は、上腕骨外側上顆に現れる。

 

起始:上腕骨外側上顆

停止:肘頭の外側面、尺骨の背側面